分譲マンションの「買い時」とは?いつ買うのが正解なの?

公開日:2022/05/01   最終更新日:2022/05/30


分譲マンションを購入したいけど、一体いつが買い時なの?と疑問に思う人も多いですよね。欲しいと思った時が買い時という考えもありますが、年齢や収入、ライフイベントに加え、増税や周辺環境の変化なども考慮しながらもっともよいタイミングを見極めるのが重要です。今回は、分譲マンションの買い時について詳しく解説します!

購入を考えるべきタイミング

マンションの購入を考えるべきタイミングはいつ頃なのでしょうか?ここでは年齢や収入などの項目ごとに、もっとも購入者の多いタイミングについてご紹介します。

■年齢

マイホームを購入する年齢としてもっとも多いのは30代後半です。マイホームの購入には住宅ローンを利用する人が多いですが、住宅ローンを利用できるのは20歳からであり、完済年齢は80歳までと設定されています。借入期間はもっとも長く設定しても35年となるため、35年間フルで借りることを想定すると、45歳までに住宅ローンを組む必要があります。ただし、80歳になっても一定の収入を得られている人は少なく、無理のない返済計画を考えると、45歳よりも前に住宅ローンを組むか、借入期間を短く設定するのが現実的であるといえます。

■収入・貯蓄

国土交通省のデータによると、マイホーム購入に踏み切るタイミングは、年収が700万円前後、貯蓄額が1500万円前後になったときがもっとも多いことが分かりました。ここでいう年収は、夫婦の収入を合わせた世帯収入です。住宅ローンを組むには、返済を続けられるだけの安定した収入が必要です。

また、頭金を支払うのであれば、ある程度まとまった額の貯蓄と必要となります。頭金としてマンション購入代金の一部を先に支払っておけば毎月の返済額が少なくなりますが、万が一のときのために手元に残しておく資金も考慮しなければなりません。現在の収入と貯蓄額ではどの程度まで住宅ローンを組めるのか、頭金はいくら支払えばよいかなどは、ファイナンシャルプランナーや融資を受ける金融機関でも相談できます。

■家族構成

家族構成や居住人数はマイホームの種類によっても異なりますが、マンションの場合は夫婦と子ども1人の3人世帯がもっとも多いです。また、子どもの年齢は乳幼児がもっとも多く、次いで妊娠中が多いという結果となっています。

■ライフイベント

マイホームの購入を決めるのは、結婚、昇給、出産のタイミングが多いです。子ども部屋を含んだ間取りや小中学校の学区などを考慮することを考えると、結婚・出産など、家族としてのライフプランが明確になる頃が購入の目安となります。

変動するマンションの価格を見極めよう

マイホーム購入時に気を付けたいポイントとして、土地は非課税、上物は課税対象という点が挙げられます。一戸建て住宅では上物よりも土地にかかる費用が高くなるのが一般的ですが、マンションでは土地よりも上物にかかる費用が高くなる傾向にあります。つまり、上物にかかる費用が高いマンションでは、購入時に消費税増税などの影響をダイレクトに受けることになります。

マンションの購入にかかる費用を少しでも抑えたい!という場合は、増税のタイミングなどにも注意して購入時期を検討しましょう。また、土地は増税の影響を受けることはほとんどありませんが、土地相場の変動によって価値が上がったり目減りしたりする可能性もあります。近くに大きなショッピングモールができたり街の開発が進んだりすると、売却時には購入時よりも高値での取引が期待できます。

マンション購入時の注意点

マンションを購入する際の注意点を2つ解説します。

■じっくりと考えて購入を決める

立地や間取りが気に入ったマンションを見つけると、すぐにでも購入を決めたくなるものです。しかし、マンション選びに焦りは禁物です。その場の勢いで購入を決めてしまうと、冷静に見れば見逃すことのなかったデメリットに気付かないこともあります。立地や間取りは重要な要素ですが、駐車場やゴミ捨て場までの距離、共用施設にはどんなものがあるかなど、細かな点にも注目してじっくりと購入を検討してください。

■マンションに関するある程度の知識を身に付ける

分譲マンションのパンフレットには、専門用語なども数多く掲載されています。すべてを理解する必要はありませんが、押さえておくべきポイントを知っておけば後から後悔することを避けられます。

今後マンションはどうなるのか

今後、どのようなタイミングでマンションの価格が変動するかは予想がつきにくいです。経済を取り巻く状況やマンションの需要によって、価格が大きく上昇する可能性も考えられます。価格の変動を見逃さず、常にアンテナを張って情報収集することが重要です。

 

今回は、分譲マンションの買い時をさまざまな観点からご紹介しました。マンションの購入は結婚や出産などを機に検討する人が多いですが、増税や土地相場の変動などによる価格変動も考えながらタイミングを決める必要があります。また、いい物件を見つけたからと焦って購入を決めず、ある程度知識を備えた上でじっくりと検討することが重要です。分譲マンションの購入を検討している人は、今回の記事を参考にしてみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

結婚を機に、マンション購入を検討する方も少なくないでしょう。高額な買い物になるため、後悔しないように計画性をもって、納得するマンションを選ぶことが重要になります。新婚で購入するマンションを選

続きを読む

コンパクトマンションとは、ファミリータイプに比べると専有面積が小さいマンションのことです。しかし、ワンルームマンションよりゆとりがあり、単身者や夫婦の二人暮らし、シニア世代などの間で注目され

続きを読む

「高層マンションと低層マンションの違いはなんだろう?」このような疑問をお持ちではありませんか?この記事では、高層マンションと低層マンションの違いを丁寧に紹介しています。それぞれのメリットとデ

続きを読む

分譲マンションの購入を検討する際、多くの人が高層階に憧れるのではないでしょうか。しかし、あえて一階を選ぶ人もいます。一戸建てのような雰囲気が味わえる、階段やエレベーターの上り下りがない、地震

続きを読む

窓が多く、風の通りもよいため人気の高い角部屋(角住戸)。他の部屋にくらべて、光もたくさん入ってくるため、室内が明るく爽やかに暮らすことができそう、と思っている方も多いと思います。もちろん、そ

続きを読む

マンションを借りる際「分譲マンションと賃貸マンション、どちらがよいのだろうか」と悩んでいる人は多くいらっしゃると思います。どちらのマンションにも借りる人の状況によってメリット・デメリットが存

続きを読む

分譲マンションを購入する際に、立地や金額を見て選ぶ人は多いですよね。最近では共有設備を充実させるスタイルが増えており、住宅の生活を豊かにするさまざまなサービスが用意されています。今回は、分譲

続きを読む

マンション購入を検討しているけれど、床暖房ってあった方がいいの?どんなメリットがあるの?床暖房は電気代が高くなりやすいって聞いたことがあるけど、実際はどうなの?そんな疑問をお持ちの方が多いの

続きを読む

これからマンションを買おうとしている人にとって、あと何年住めるマンションなのかは非常に重要なポイントでしょう。せっかく購入してもすぐに寿命が来て、退去せざるを得ないなんてことは避けたいですよ

続きを読む

分譲マンションを購入する際、何階の部屋を選ぶべきか悩んでしまいますよね。最上階は分譲マンション内でももっとも価格の高い部屋であり、低層階にはないメリットも多いですが、高層階ならではのデメリッ

続きを読む