新婚さん必見!快適な結婚生活を送るためのマンションの選び方

公開日:2023/01/15   最終更新日:2022/11/08

結婚を機に、マンション購入を検討する方も少なくないでしょう。高額な買い物になるため、後悔しないように計画性をもって、納得するマンションを選ぶことが重要になります。新婚で購入するマンションを選ぶには、どのようなことを事前に確認するべきか、資産価値の高いマンションの特徴などについて紹介します。

物件探しの前にやっておきたいこと

ライフプランを考えたうえで、物件探しをしましょう。物件探しの前に準備しておきたいことを解説します。

返済できる金額を把握する

早くからマンションを購入することで、月々の返済を安くできるというメリットがあります。一方で、返済期間が長くなるため、収入が変動する可能性を考慮する必要があるでしょう。共働きの場合は、夫婦2人分の収入で計算することが多いのではないでしょうか。将来的に子どもが生まれると、産休・育休や復職後に時短勤務などで収入が減るケースもあります。

収入が減る可能性など夫婦の働き方を長期的に考えて、支払える金額を正しく把握することが大切です。マンション以外にかかる支出も低く見積もってしまわないように注意しましょう。

環境の変化を想定する

将来の家族構成や勤務地によってもマンション選びのポイントが変わってきます。家族が増える想定であれば、幼稚園や学校など子どもを育てやすい環境が整っているかを確認する必要があります。実家の近くにするという選択肢もあるでしょう。通勤場所が変わる可能性があるのであれば、駅からアクセスのよい物件を選ぶなど、環境が変わることを考慮しつつ、何を重要視するか優先順位をつけておくことをおすすめします

間取りを考える

新婚の2人暮らしであれば、広めの1LDK2DKなどが多いでしょう。将来的に3人以上の家族構成を想定しているのであれば、2LDK3LDKを選ぶことで、子ども部屋にできます。お互いリモートワークが多い場合や、生活時間が異なるようであれば、仕事部屋やそれぞれの寝室を確保するなど、生活スタイルに合わせて間取りを考えましょう

資金を貯める

より安心してマンションを購入したい場合は、貯蓄を増やすことで不安を払拭できます。引越しにかかる初期費用など新しい生活をスタートすると出費が増えます。マンションを購入する前に通信料などの固定費や外食にかけている費用など、支出を見直してみましょう。

実際に内見する際のチェックポイント

内見する時に見逃してしまわないように、確認すべきポイントをおさえておきましょう。

ライフスタイルに合っているか

コロナ禍でリモートワークが進み、仕事部屋を確保するため2LDK以上の物件は、人気が上昇しています。しかし、部屋によってドアの種類が違うなど、防音性・遮音性が優れていないケースもあります。集中して仕事に取り組める環境かを内見時に確認しましょう。子どもが増える想定であれば、収納が充実していることや移動しやすい間取りになっているかの確認も大切です。

周辺環境をチェックする

マンション自体だけではなく、周辺に気になる点がないかの確認も忘れてはいけません。大型のスーパーや商店街など買い物できる場所が充実しているか、子どもが遊べる公園があるかなど、将来の生活に合わせて必要な環境が整っていることを確認しましょう。駅からマンションまでに暗い道がないかなど安全面も考慮することをおすすめします。

物件の資産価値にも注目しよう!

資産価値のよいマンションはそれだけ生活の満足度も高いといえるでしょう。資産価値の高いマンションの特徴を紹介します。

立地環境

築年数がたっても、リノベーションなどで価値が上がるため、まずは立地環境のよいマンションを選ぶことをおすすめします。交通のアクセスでは、駅から近いのはもちろん、複数の路線を使用できることでより需要が増えます。周辺環境が充実していて治安のよい人気エリアは、資産価値が下がりにくい傾向にあるのでチェックしてみましょう。

物件の設備

最新の設備が整っており、快適に過ごせるマンションの資産価値は高いといえるでしょう。タワーマンションなどは充実した設備が整っているため、人気があります。また、設備には流行りがあることや老朽化の問題があるため、メンテナンスを定期的に行う必要があります。メンテナンスが行き届いており、破損箇所が少ないマンションは、長く綺麗な状態を保てるため資産価値が高くなります。

日当たりや眺め

日当たりよい南向きは人気が高く、逆に北向きになると資産価値が下がる傾向にあります。しかし、例え南向きでも、近くに高い建物が建ってしまうと日が入らなくなるリスクがあります。マンションの高層階であれば、近くの建物も気にならず眺めもよいため、資産価値が高くなる傾向にあります。

まとめ

マンション購入は人生でもっとも高い買い物になるため、ハードルが高く、不安がある人も多いのではないでしょうか。マンションの選択肢は無数にあるため、まずは何を基準にマンションを選ぶべきなのかライフスタイルや将来のプランを把握することが大切です。住み替えや賃貸物件として貸し出す可能性も視野に入れ、資産価値の高いマンション購入を検討してみましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

結婚を機に、マンション購入を検討する方も少なくないでしょう。高額な買い物になるため、後悔しないように計画性をもって、納得するマンションを選ぶことが重要になります。新婚で購入するマンションを選

続きを読む

コンパクトマンションとは、ファミリータイプに比べると専有面積が小さいマンションのことです。しかし、ワンルームマンションよりゆとりがあり、単身者や夫婦の二人暮らし、シニア世代などの間で注目され

続きを読む

「高層マンションと低層マンションの違いはなんだろう?」このような疑問をお持ちではありませんか?この記事では、高層マンションと低層マンションの違いを丁寧に紹介しています。それぞれのメリットとデ

続きを読む

分譲マンションの購入を検討する際、多くの人が高層階に憧れるのではないでしょうか。しかし、あえて一階を選ぶ人もいます。一戸建てのような雰囲気が味わえる、階段やエレベーターの上り下りがない、地震

続きを読む

窓が多く、風の通りもよいため人気の高い角部屋(角住戸)。他の部屋にくらべて、光もたくさん入ってくるため、室内が明るく爽やかに暮らすことができそう、と思っている方も多いと思います。もちろん、そ

続きを読む

マンションを借りる際「分譲マンションと賃貸マンション、どちらがよいのだろうか」と悩んでいる人は多くいらっしゃると思います。どちらのマンションにも借りる人の状況によってメリット・デメリットが存

続きを読む

分譲マンションを購入する際に、立地や金額を見て選ぶ人は多いですよね。最近では共有設備を充実させるスタイルが増えており、住宅の生活を豊かにするさまざまなサービスが用意されています。今回は、分譲

続きを読む

マンション購入を検討しているけれど、床暖房ってあった方がいいの?どんなメリットがあるの?床暖房は電気代が高くなりやすいって聞いたことがあるけど、実際はどうなの?そんな疑問をお持ちの方が多いの

続きを読む

これからマンションを買おうとしている人にとって、あと何年住めるマンションなのかは非常に重要なポイントでしょう。せっかく購入してもすぐに寿命が来て、退去せざるを得ないなんてことは避けたいですよ

続きを読む

分譲マンションを購入する際、何階の部屋を選ぶべきか悩んでしまいますよね。最上階は分譲マンション内でももっとも価格の高い部屋であり、低層階にはないメリットも多いですが、高層階ならではのデメリッ

続きを読む