分譲マンションでペットを飼いたい!ペットの飼育にルールはある?

公開日:2022/03/15   最終更新日:2022/04/04

分譲マンションでペットを飼いたいと思った場合「ペット可」と記載されている物件を探すことになります。しかし「ペット可」と記載されていても、ぞれぞれのマンションで規約が異なるため注意しなければいけません。この記事では、ペットとマンションに住む場合の注意点についてまとめています。

マンションによってルールが違うため要注意!

最近はペットを飼いたいという人が増えているので「ペット可」と記載されている物件は増えています。ペットに関するルールは、マンションの管理規約や使用細則に記載されていますが、それぞれのマンションで異なるため、入居前にルールの確認が必要です。

たとえば同じ「ペット可」の物件でも、犬がOKで猫はNGというようなこともあるのです。マンションのペットに関する規定では、下記のような違いがあるとされています。

飼育するペットの種類について

まず多いのが飼育するペットの種類です。マンションで飼うことが多いのは、犬や猫、鳥、うさぎやハムスターなどの小動物でしょう。なかには、爬虫類を飼う方もいます。

しかし、犬と猫はOKだが、鳥はダメ、爬虫類は禁止など種類で飼ってよいものとそうでないものを分けているケースがあります。これは確認しておかなければ、後でトラブルとなるので注意しましょう。

ペットの大きさが決まっている

次に、飼ってよいペットの大きさが定められているケースがあります。たとえば、体長50cmまでのペットに限る、体重10kgまでのものに限るなどです。飼育しているペットの大きさによっては、一緒に入居できない可能性があるので注意しなければいけません。

何匹、何頭飼ってよいのか

そして、何匹(何頭)までならよいのかというルールもあります。たくさん飼っている場合は、規約違反となってしまう場合があるので注意しましょう。犬か猫1頭だけ、2頭までならよいなど決められています。鳴き声の問題などもあるので、2頭以上飼っているなら、事前に確認しておくことをおすすめします。

共用スペースに関する決まり

マンションでは、他の住人と共同で使用するスペースがあるようです。エレベーターや通路、階段などです。このような場所では、ペットに関する決まりが設けられています。たとえば、通路や階段、エレベーター内は抱きかかえて歩かなければいけない、マンションの駐車場や庭で散歩させてはいけないなどです。

古いマンションほどペットに対応していない

最近のマンションは、ペット可の物件が増えていますが、古い物件はペット可というものがあまりありません。中古物件で探すとなると難しい可能性もあるでしょう。

周辺環境や構造などにも気を配ろう

ペットと住みたい場合、ペットのために周辺環境やマンションの構造についても考えてあげる必要があります。ペットが快適にストレスなく暮らすためにも大事なことです。

散歩できる場所はあるか

犬や猫の場合、散歩できる場所があるか確認しておきましょう。近くに公園や河原など自然を感じられる場所があるとよいです。

マンションの構造を確認

マンションの構造を確認して、リフォームができる場合は、ペットのためのリフォームも検討しましょう。たとえば、猫の場合は室内で遊べるようにキャットウォークをつけてあげるなどできるでしょう。

動物病院を確認

ペットに何かあった場合に、近くに動物病院がないと慌ててしまいます。ペットの種類によっては、対応してくれない動物病院もあるので、そういった点も確認しておきましょう。ペットホテルやトリミングサロンなども近くにあるかどうか調べておくと安心です。

近隣住民への思いやりも忘れずに!

ペットと住む場合、近隣住民への思いやりも忘れてはいけません。迷惑をかけないように生活するためにも、ペットのしつけをしておきましょう。

床には防音シートを敷こう

犬や猫が床面をかけまわると、意外と音が響いてしまうものです。また、床面に傷もつけてしまううえ、床ですべってペットがケガをしてしまうということもあります。そのため、床面には、防音シート兼滑り止めを敷くようにしましょう。

泣き声に注意

ペットの鳴き声はよく響きます。吠えることが多い場合は、しつけをしましょう。ストレスが溜まっている可能性もあるので、ペットのストレス解消法も見つけてあげてください

挨拶も忘れずに

近隣の方と信頼関係を構築するためにも、入居した際は挨拶しましょう。その際に、ペットがいることも伝えておくようにしてください。

 

ペットと一緒に分譲マンションで暮らす場合の注意したい点について、お伝えしました。分譲マンションは、ペット可の物件が増えてきていますが、規約はそれぞれ異なります。そのため、必ず確認してから契約するようにしてください。今飼っていない場合でも、将来飼いたいと思う可能性があるなら、ペット可の物件を探しておくことをおすすめします。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

窓が多く、風の通りもよいため人気の高い角部屋(角住戸)。他の部屋にくらべて、光もたくさん入ってくるため、室内が明るく爽やかに暮らすことができそう、と思っている方も多いと思います。もちろん、そ

続きを読む

マンションを借りる際「分譲マンションと賃貸マンション、どちらがよいのだろうか」と悩んでいる人は多くいらっしゃると思います。どちらのマンションにも借りる人の状況によってメリット・デメリットが存

続きを読む

分譲マンションを購入する際に、立地や金額を見て選ぶ人は多いですよね。最近では共有設備を充実させるスタイルが増えており、住宅の生活を豊かにするさまざまなサービスが用意されています。今回は、分譲

続きを読む

マンション購入を検討しているけれど、床暖房ってあった方がいいの?どんなメリットがあるの?床暖房は電気代が高くなりやすいって聞いたことがあるけど、実際はどうなの?そんな疑問をお持ちの方が多いの

続きを読む

これからマンションを買おうとしている人にとって、あと何年住めるマンションなのかは非常に重要なポイントでしょう。せっかく購入してもすぐに寿命が来て、退去せざるを得ないなんてことは避けたいですよ

続きを読む

分譲マンションを購入する際、何階の部屋を選ぶべきか悩んでしまいますよね。最上階は分譲マンション内でももっとも価格の高い部屋であり、低層階にはないメリットも多いですが、高層階ならではのデメリッ

続きを読む

頭金は、住宅ローンを組む前に先に支払う内入れ金のようなものです。頭金の支払いによって借入額が減るというメリットがありますが、頭金の額に決まりはありません。最近では頭金なしで住宅ローンを組む人

続きを読む

三重県で分譲マンションの購入を考えている方のなかには、管理費が妥当な金額かどうか分からないと悩んでいる方もいるかもしれません。分譲マンションの管理費と修繕積立金との違いや、管理費の相場価格な

続きを読む

分譲マンションの管理会社が、具体的にどのような役割を果たしているかご存じでしょうか。今回は、意味を混同しがちな「管理組合」と「管理会社」の違い、管理会社が行なっている具体的な業務内容など、建

続きを読む

分譲マンションを購入したいけど、一体いつが買い時なの?と疑問に思う人も多いですよね。欲しいと思った時が買い時という考えもありますが、年齢や収入、ライフイベントに加え、増税や周辺環境の変化など

続きを読む